2006年09月11日

第8回鶴彬をたたえる集い

 小雨の中、昨日午後1時半、かほく市高松町歴史公園で開かれた。
 同所にある、句碑での献花から始まった。
 現地では、小生が完全に認知されているという感じで、苦笑した。
 臨時駐車場の、函館ナンバーに驚いたという参加者もいらした。
 開始前に、当日の講演者、岡田一杜と歓談した。昨年、盛岡にもいらしていた、こちらでの事務局長の計らいだった。失礼な意味でなく、「鶴彬と現在を考える」という講演以上に、個人的には有益だった。活字では多く接してきていたので。
 また、深井一郎にも話しかけられて、意外なことを喜んだ。
 当地での取り組みを知った。幼少期から順に、ふた月に1回、鶴彬の作品の読書会があるという。予定の全句集を早く出して、活用してもらいたい、とか思った。

 さて午前中は、宿泊地の金沢市内の卯辰山公園の句碑を見に行ったが、実にわかりにくくて閉口した。
 また、かほく市マップとかでも、歴史公園すら明示されていないのが残念だった。
 高松町の交番でも、「ツルアキラ? だれですか、それは?」という対応にがっかりもした。

 しかし、いろんな意味で現状がわかったので、そういう意味では今後にも有益だった。
 盛岡や大阪との違いもいろいろに感じたが、あまり細かくは書くまい。
posted by 木村哲也 at 07:57| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
またしても羨ましいご体験!。

>盛岡や大阪との違いもいろいろに感じたが、あまり細かくは書くまい。

などとおっしゃらずに、少しづつでいいですから、
面白いエピソードをご披露して下さい。
読書日記以上に興味を引きつけることと思います故。
Posted by 二健 at 2006年09月13日 10:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/23578619

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。