2009年07月04日

映画「鶴彬−こころの軌跡」上映

当ブログの筆者・木村哲也氏より、
鶴彬関連の新聞記事のコピーが送られてきた。
朝日新聞2009.6.18付け13面「オピニオン」の「ザ・コラム」欄、
題「享年29。断ち切られた生──多喜二と鶴彬」(編集委員・外岡秀俊)
まさに温故知新、今年鶴彬の生誕100年とはいえ時代は近い。
状況は当時の軍国主義の社会が経済主義に変わっただけだ。
軍事と経済は資本力がものをいうもので、表裏一体糾える縄の如しだ。
殊に60年代の学生を中心とした政治運動や文化活動もそうであったが、
お仕着せの社会の傲慢さに抗ったのは若者だ。
大人社会に反旗を翻した果てに死した若者の実直さ、
そして誠を想っての本音での言動は尊い。
小林多喜二と鶴彬はペンをとって戦い、
体制によって命を落とされた青年だった。
多喜二は小説で、鶴彬は川柳という違いこそあれ、
正に命がけの表現活動だった。反軍国主義活動の結果だった。
ならば現代において反経済主義活動は如何に。
外岡秀俊氏の書いた記事の冒頭の切り口に答えを見る。
現実は、反経済主義活動などという主体的なものではなく、
社会の経済活動に振り落とされる人々の実態ありきだと思う。

たいへん有意義で有難い記事だが、
私の拘りとして腑に落ちない箇所があった。
4段目の始め「〜その多喜二の死から5年後、やはり29歳で
無残な死を遂げた詩人がいる。川柳作家の鶴彬(つるあきら)だ。」
一般的には何ら問題はない文章の意味内容だが、私見では、
“詩人がいる”が不要で、“川柳作家がいる”と直結してほしい。
鶴彬は初期においてこそ抒情性のある川柳をしたためたが、
本領を発揮したのは時の軍事体制の社会を批判し戦う川柳だ。
川柳冥利に尽きる作家と作品だ。
詩人と冠すると強烈な川柳精神が下位概念となって霞んでしまう。
私論ながら、川柳は俳句の一形態であるので、“俳人がいる”なら肯える。
世界には様々な詩があり、その背景があるが、
特に日本発の俳諧・俳句・川柳等は、
一般的な「詩」とは括らずに「俳」という独自の概念を打ち出したい。
上位概念や対立概念ではなく、共立概念として。
詩は俳の上位概念ではなく、自立した俳を認識したい。
俳句も川柳も俳の精神に裏付けされる。俳本位を提唱する。
わが批判の矛先は軍国と経済ではなく、本件では文芸だ。
俳の手柄を詩に搾取されてはならない。

…ということで、
多喜二と鶴彬の精神にあやかって結びつけたかと思う。

カチンコ 元に戻って、記事では、映画「鶴彬−こころの軌跡」を紹介している。

享年29。断ち切られた生──多喜二と鶴彬
↑イメージの記事はクリックして拡大し、左側から読んで下さい。

▽続きを読む<映画情報>於東京東中野
posted by Jiken at 08:13| Comment(1) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月01日

本日の朝日新聞「天声人語」

 全部、鶴彬が話題。映画のことも。
posted by 木村哲也 at 06:21| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月22日

鶴彬の映画制作情報

2008年2月11日付け北國新聞の記事によりますと、
地元の「鶴彬を顕彰する会」など住民の熱意が実って、
鶴彬を題材にしたドキュメンタリー映画が神山監督の下に
制作されることになったそうです。年内完成来春公開の予定です。

turu-akira07dl.jpg


posted by Jiken at 03:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月21日

「高松歴史新聞」から

turu-akira05dl.jpg turu-akira06dl.jpg
ラベル:鶴彬 北国新聞
posted by Jiken at 01:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月04日

紹介・書評等メディア掲載情報

2007年11月29日(木)、金沢発の「北國新聞」(ほっこくしんぶん)に、
『手と足をもいだ丸太にしてかえし』が、紹介されました。
見出し:<旧高松出身 鶴彬の1300句「全川柳」を1冊に>  782

turuakira02ds.jpg
posted by Jiken at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月30日

待望の鶴彬新刊発売!

『手と足をもいだ丸太にしてかえし』
現代仮名遣い版鶴彬全川柳
木村哲也編〔没後70年記念出版〕


帯文:「川柳人」主宰佐藤岳俊/2007.12.16邑書林刊/税込2100円
ご注文・お問合:younohon@fancy.ocn.ne.jp
Tel 0267-66-1681/Fax 0267-66-16812/邑書林 振替:00100-3-55832

━目次━
・鶴彬校訂全川柳 5
・全川柳五十音順索引 135
・鶴彬川柳語彙索引 149
・鶴彬全詩 173
・鶴彬全散文一覧 203
・鶴彬書誌 211
・鶴彬へのオマージュ 木村哲也 250
                    Counter749
▽続きを読む
posted by Jiken at 01:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 著書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月29日

『川柳のなかの中国』

 中村義、岩波書店、2007年。
 「手と足をもいだ丸太にしてかへし」の句が、2箇所に収録。
 それ以外では出てきていないようだ。
 句の索引はあるが、作者の索引がないのが気になった。こういうものなのだろうか。
posted by 木村哲也 at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月10日

現代仮名遣い版鶴彬全川柳

 木村哲也編で、邑書林から11月発売。
http://www7.ocn.ne.jp/~haisato/tsuruchirashi.html
posted by 木村哲也 at 13:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月11日

第8回鶴彬をたたえる集い

 小雨の中、昨日午後1時半、かほく市高松町歴史公園で開かれた。
 同所にある、句碑での献花から始まった。
 現地では、小生が完全に認知されているという感じで、苦笑した。
 臨時駐車場の、函館ナンバーに驚いたという参加者もいらした。
 開始前に、当日の講演者、岡田一杜と歓談した。昨年、盛岡にもいらしていた、こちらでの事務局長の計らいだった。失礼な意味でなく、「鶴彬と現在を考える」という講演以上に、個人的には有益だった。活字では多く接してきていたので。
 また、深井一郎にも話しかけられて、意外なことを喜んだ。
 当地での取り組みを知った。幼少期から順に、ふた月に1回、鶴彬の作品の読書会があるという。予定の全句集を早く出して、活用してもらいたい、とか思った。

 さて午前中は、宿泊地の金沢市内の卯辰山公園の句碑を見に行ったが、実にわかりにくくて閉口した。
 また、かほく市マップとかでも、歴史公園すら明示されていないのが残念だった。
 高松町の交番でも、「ツルアキラ? だれですか、それは?」という対応にがっかりもした。

 しかし、いろんな意味で現状がわかったので、そういう意味では今後にも有益だった。
 盛岡や大阪との違いもいろいろに感じたが、あまり細かくは書くまい。
posted by 木村哲也 at 07:57| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月09日

『鶴彬の新聞記事等参考文集』

 今年5月に、地元の川端精二が、かほく図書館に寄贈された。
 鶴彬の同級生の女性のお子さんとのこと。
 B5版で20ページほどの、コピーの冊子である。
 最近の記事は、本ブログでふれたものもある。
 今日のところは、記事の簡単な紹介にとどめる。
 「北国新聞」1973年1月22日。「反戦思想家の家族」。妹の山田文子さんによる、金沢市の卯辰山の句碑除幕式に際しての記事。
 同紙、1965年9月10日、文化欄の無署名の「鶴彬の歩んだ道」の他、古林徳次の「曲がったことがきらいだった」、山田文子「兄の思い出」。
 同年9月6日の記事も収録。
 以上が、不勉強で、初めて見た記事。
posted by 木村哲也 at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。